地域の魅力をさらに拡大~ふるさと納税で潤う経済~

田んぼ

利用価値は高いです

魚

最近話題のふるさと納税を利用する人は多いです。ふるさと納税を払うことで自分の住民税や所得税が控除されます。さらに寄附をした地方自治体の特産物を貰うことができます。

詳しくはコチラ

ふるさと納税の特産品

くだもの

ふるさと納税の人気は衰えることなく、特産品も年々バラエティ豊かになっています。今年は制度改正によりもっと手軽に利用できるようになったため、昨年よりも寄付金総額も利用者も相当増えるのではないでしょうか。

詳しくはコチラ

お得な納税システム

かに

ふるさと納税は地方による税収格差を改善するために作られたシステムです。遠く離れた自分の故郷に貢献したいと考える人に多く利用されている制度です。確定進行も簡単に出来ます。

詳しくはコチラ

税収アップだけじゃない

かに

ふるさと納税は、自分が選んだ地方自治体に対して、納税という名の寄附を行なう制度です。2008年に開始されたこの制度はそのユニーク内容からテレビのニュースや新聞でも大きく取り上げられました。現在の日本では地方と都会のあらゆる格差問題が浮上しています。地方の人口減少に伴う、地方税収の低下、地方自治体の資金不足による廃村、地方から都会への若者の流出による働き手の減少、生産性の低下など、挙げれば切りが無いほど、地方が抱える問題は大きくなりつつあります。このような地方を救うための制作の一つがふるさと納税です。ふるさと納税は、なめこそ納税ですが、正式には寄附という形になります。納税者が自分の好きな地方自治体に寄付したお金は、寄附した側がその使い道を自由に決めることが出来るので、寄附する側に開かれた、クリーンな納税システムであると言えます。

ふるさと納税は、寄附する先の地方自治体を寄附する側が自由に決めることが出来るため、そこにまた地域によっては格差が出てしまう心配があるのも事実です。そうなってしまった場合は、地方自治体も自分たちに寄付を多くするために、工夫しなければなりません。新しい特産品を発案したり、地域のイベントに力を入れたり、地方同士が協力しあって一つのイベントを行なう自治体もあります。このように、ふるさと納税制度を行なうことで、今まではどこか受け身の考えが多かった地方自治体が自ら積極的に動き出す二次的な作用を生み出しています。このような動きを今後も継続して行なうことで、地方自治体としての魅力は更に高まっていくでしょう。寄附金という形で税収がアップするだけでなく、その地域自体だけでも十分に資金を得られるような魅力ある土地にしていくことで地方の自立性は高まります。日本各地の地方から国内が元気になるような一面も含んでいるのがふるさと納税の制度です。